水がにと活がに


水がにという分類をされたカニがいます。水がにとは、脱皮後間もない殻が柔らかいカニを総称して呼んでいます。水産資源の保全から、水ガニは放流するという自主規制などを行っています。水ガニは、脱皮をしたばかりのカニは、甲羅が柔らかいばかりではなく、身も締まっていませんので、味もさえないと言われています。地域によっては、期間限定で水ガニを販売している業者もあります。甲羅の固さが落ち着いてきた水ガニは甘みが強くなり、みずみずしい柔らかさを楽しむことができます。ただし、カニミソの入りが少ないので、脚肉だけを楽しむことがセオリーです。


活きたままのかにも販売されています。特にズワイガニや毛ガニを活きたままで販売しています。新鮮なままで届き、ご自宅でボイルをすることができますのでおいしさが違います。ただし、おいしくゆでるためには、カニが丸ごと入る鍋が必要になります。殻が硬い上に、とげが多いタラバガニやズワイガニをご自宅で調理できない場合もあります。タラバガニは、カニみそを食することができませんので、活きたままで調理をする場合には注意が必要になります。活きたカニはかに通販でもおすすめ商品とされていますが、ご自宅で調理ができない場合には、あらかじめ調理をしてもらったものを届けてもらえるように手配をすることができます。各かに通販会社へ問い合わせをしましょう。活かにのおすすめ調理法・おいしい食べ方に関してレシピが添付されます。




 

サイト集 グループ 5

サ イ ト 名P Rリンク
Copyright(c) 2013 http://www.whiskeydregs.com/ All Rights Reserved.