一年中漁ができる北海道

かにといえば北海道といわれるほど、名産地として一番の人気を誇っています。特にオホーツク海・太平洋・日本海と水産資源が豊富な海へ漁に出ることができる土地ですので、たくさんのかにを漁獲することができます。また、海外で水揚げされたものを輸入している業者も多くありますので、たくさんのかにを販売することができます。激安・訳あり商品ともに多く取り扱っているのは、北海道のかに通販会社が一番です。

 

北海道に拠点を構えるお取り寄せサイトなどでは、タラバ・毛ガニなどを主に多く取り扱っています。ロシアやアメリカ、カナダからの輸入品が主になりますが、ズワイガニの通信販売も取り扱っています。北海道からは空輸の交通インフラが万全ですので、水揚げ後ボイルをし、即日梱包した商品は、その日のうちに航空便で消費者のもとへ届けられます。発送した翌日には、お手元に届くことがほとんどですので、新鮮な活かにや、おいしさを失わないボイルかにを届いてすぐに食べることができます。北海道の水産会社は、自社船で水揚げをし、船内で茹で上げ・急速冷凍した品物を即出荷できるまでに完了させる設備を持っています。そのためにコストをできる限り下げて販売することができます。

 

北海道では、かに以外に水産加工品が豊富にそろっています。おすすめなのはかに商品ですが、魚介類なども同様におすすめできます。冷蔵便の範囲であれば、同梱発送をしてもらえることもありますので、かにを購入する時に他の商品もお買い上げされるとよいでしょう。

輸入物モノを誤解していませんか?

カニは日本で水揚げされた国産のものが一番おいしい、旬の国内水揚げのカニがおすすめだと言われています。北海道で販売されている何割かは海外からの輸入に頼っている商品です。海外殻の輸入物を販売しているかに通販もあります。味はあまりおいしくないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、急速冷凍技術が目覚ましい進歩を遂げているので国内で水揚げされたカニと味や外見に関しては遜色ありません。

 

国内水揚げのタラバガニは希少で価格帯も高価ですが、海外で水揚げ・輸入されたカニは通販でも安く販売されています。ズワイガニなどに関しても輸入物がおすすめです。冷凍の商品になってしまいますが、甲羅の幅が9.5センチ以上のものと日本の省令や漁協関係者の自主規制・申し合わせ事項よりも大きなかにばかりを漁獲しています。そのために身入りもしっかりしています。ロシア沖で漁獲されるタラバガニは、2007年に活きたままの輸入ができなくなってしまいましたが、日本で獲れるカニよりも大きくずっしり重いものが多いので、冷凍物でも、高値で売買されています。

 

水産資源の保護の観点から、昨今ではあまり見ることができませんが毛ガニやタラバガニの子持ちのメスガニの販売やかにの卵を熟成させて作った珍味などは、すべて輸入に頼っている実情をご存知でしょうか?あまり知られていませんが、日本では雌ガニの捕獲は禁止されていますが、販売に関しては特に規制はありません。そのためにロシアやカナダからの雌ガニの輸入をし販売していることも知っておいた方がよいでしょう。

Copyright(c) 2013 http://www.whiskeydregs.com/ All Rights Reserved.